3Pどころかなんでもアリのハプニングバー

ホワイトタイガーさん(31歳 男性 東京都 会社員)の3Pセックス体験談です。


Dark Night(ダークナイト)という上野のハプニングバーが摘発されましたね。

とにかくモテない私はどうすれば女の子とセックスできるのか毎日考えていました。

風俗には正直飽き飽きしていましたし、風俗はワンパターンなことが多いので行く気がしませんでした。

そんな時知人が、この前ハプニングバーで面白いことしたよと言っていました。

私は半信半疑ながらその言葉に少し期待して、ハプニングバーに行くことにしました。

そして先月初めてハプニングバーという場所に行きました。

私が行った時は男の人が5人ほど、女の人が3人でした。

女の子が少ないとヤバイじゃないかと思いながらもしょうがなく居座りました。

30分ほど経過した時、一人の中年の男性が私に声をかけてきました。

その人が言うにはその男性と私と、そしてその男性と一緒に来ていた女性と3Pしないかということでした。

正直驚きました。

いきなりそんな知らない人と3Pなどいいのかと思いながらもセックスがしたくてしたくて我慢できなかった私は、3Pをお願いすることにしました。

この男性は46歳らしく、女性のほうは35歳、私は31なので一番年下です。

そしていよいよプレイの開始となりました。

男性はそこそこ年齢はいっていますが、勃起力がすごくしかもあそこもかなり大きいではありませんか。

かなりびっくりした私ですがこのまま負けてはいられないと思い、女性のおっぱいを舐めまくります。

女性はかなりの敏感体質ですごい大きな喘ぎ声を発します。

おっぱいがかなり大きくFカップあるみたいです。

私はパイズリされるのが好きなので、パイズリをしてもらいましたが、これがかなり気持ちよくて最高です。

唾液をたくさん垂らしてもらいながらしてもらいました。

私のアソコもかなり大きくなってきて、女性が大きいねと言ってくれました。

そして男性が女性にまずは挿入します。

私は先に挿入をさせてもらいたかったのですが、そこは仕方ありません。

男性が生で入れていると、女性はかなり感じているみたいでした。

その間私は女性のおっぱいを揉んだり舐め続けていました。

そして男性が発射し終わり、いよいよ私の番が来ました。

興奮状態だった私のアソコはもはやすごいことになっていました。

私の興奮状態の下半身を落ち着かせ、女性に挿入開始です。

やっぱり生は最高ですね。

かなり気持ちよくて女性も気持ちよさそうでした。

10分くらい挿入していると私はもう果ててしまいました。

出した途端に私のやる気はなくなりここでお別れをしました。

その後そこのお店には行っていないので、その二人の人とはそれ以降全く連絡は取っていません。

私の初めての3Pはハプニングバーでの体験でした。


PAGE TOP