Wお泊りデートで元カノ&今カノに3P中出し

エロッチさん(34歳 男性 愛知県 会社員)の3Pセックス体験談です。


私は34歳会社員で、当でした。

彼女と友達カップルでダブルデートで大阪に遊びに出かけたときの話です。

ホテルも予約せずに遊びに行き、夜いざホテルを探したのですが、2部屋確保ができず4人大部屋でのビジネスホテルへの宿泊になりました。

まあ全員仲が良かったので特に気にせず目の前のコンビニでお酒やつまみを買い込んで、みんなで一室で飲んでいました。

どのくらい飲んだのか覚えていませんが、もう一人の男の子(同級生)は飲んだら眠くなっちゃう子だったので早々寝てしまいました。

また、私の彼女の方はかなり酔っぱらっていたのかすごく私にくっついてきていました。

すると友達の彼女は羨ましそうにこちらを見ていました。

友達の彼女とは、過去に付き合っていたこともあったので、お互いに肉体関係は過去にありました。

すると私の彼女は、「友人の彼女に○○ちゃんも一緒にくっついて飲もうよ」と・・・。

正直何言ってるの?と思いながらも飲んでよくわからない状況だったので、まあいいやと思い一緒になってこっちおいでと言ってしまいました。

正直友人が起きない事を祈りつつ。

しばらく3人でたわいもない会話をしながらふざけあっていると、彼女は私のあそこを触りだしたのです。

正直触りだした時はびっくりしたのですが、酔っているのもありすぐに息子は大きくなりました。

それをみて友人の彼女も笑いながら、私の息子を一緒に触りだしたのです。

彼女と友人の彼女2人で触られ息子の興奮もマックス状態。

「我慢できなくなって二人とも襲っちゃうよ」と宣言すると二人とも「楽しそうじゃん。」と二つ返事。

そうなってしまえばもう我慢する必要もありません。

息子も服から出してあげて自由にしてあげました。

するとすかさず友人の彼女が私の息子を口に咥えてきました。

彼女は負けずと私の玉をペロペロと。

私は二人のおっぱいを片手ずつ触り大興奮でした。

すると今度は友人の彼女が私の彼女のおま○こを触り始めたじゃないですか!

びっくりしましたが、私は友人の彼女のおま○こを「寂しそうだからさわってあげる。」と。

もう何が何だかわからないですが、本能のままにやりたい事を後先考えずにやってしまおうという気になりました。

罪悪感とともにもう止められない状態になっていました。

しばらくすると、女の子2人はじゃんけんを始めました。

先に入れる順番を決めていました。

そうなると私はもうマグロ状態でベットに横たわっていると先に彼女が上に乗って挿入し始めました。

友人の彼女は私の顔の上におま○こを持ってきて舐めてほしそうな顔。

私はそのおま○こに必死で顔をうずめなめまわしました。

二人がアンアン言っていて、正直王様にでもなった気分でした。

もうたまりません。私は正直1分くらいで彼女の中に逝ってしまいました。

普通ならやばい感覚になるのですが、その時はもう早く友人の彼女に挿入したい気持ちが勝っていました。

彼女が口で息子をきれいにし、次に友人の彼女が上に乗ってきました。

一度逝ってはいましたが、こんな非日常で大興奮な私の息子はものすごく元気でした。

正直彼女よりも締りがよく気持ちよかったのを覚えています。

さすがに私が2回戦目だったのもあり、友人の彼女が先に逝ってしまいました。

その後3人でシャワーに入りその日はそのまま何事もなかったように就寝しました。

翌日、朝私はすごく気まずい気持ちで目を開けましたが彼女と友人の彼女は仲良くお化粧をしていました。

友人はほんとに爆睡していたようで、夜のことを何も覚えていませんでした。

その後、彼女とはそのままおつきあいをしていましたが、彼女はその事がすごく刺激的だったらしく、半年に1度くらいの頻度でWお泊りデートを楽しんでいました。


PAGE TOP